近年、中国で最もヒットした商品を挙げろと言われれば、筆者ならiPhoneを挙げる。iPhoneはメンツを満たすガジェットとしても、いろいろなアプリで遊べるゲーム機としても、幼稚園児から中高年までに大人気。偽アップルストアまで登場したiPhone人気の背景に迫る。

iPhoneをつつましく使う中国人

 ここ数年、ブレない人気のiPhoneは、中国で最もトレンディーな製品に違いない。以前から「ニーハオ!デジモノ」の連載で「ciphone」をはじめとする数々の“偽iPhone”を紹介してきたが、最近ではアップルストアを丸ごと“リスペクト”してしまった店まで登場し、iPhone人気からアップル人気へとファン層が広がっている。事実、iPhoneのみならずMacBookまで販売する店もよく見かけるようになってきた。

一時期日本でも話題となった偽アップルストア。外観は何度か変わったが、スタッフのTシャツや店内の雰囲気は騒動のときのまま
[画像のクリックで拡大表示]
ニュースにならない偽アップルストアは、ほかにもまだまだ存在する
[画像のクリックで拡大表示]
アップル製品はiPhone人気を皮切りにさまざまなハードへ波及中だ。ITサイト「中関村在線」の読者アンケート「アップル製品所有状況」より
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者の記憶が確かならば、iPhoneが登場して以降、アップル製品の人気が高まったように思う。iPhone以前、iPodが登場したころは、電脳街やショッピングセンターにアップルの代理店はあったものの、当時の都市部におけるアップル製品は知る人ぞ知るガジェット。上海や北京に限定しても、アップル製品は“持っているだけで金持ちをアピールできる”ブランド品であった。

 しかし、今や内陸奥地の街ですら、W-CDMA方式を採用する中国聯通(China Unicom)のショップでiPhoneを販売している。ちなみに中国独自規格のTD-SCDMA方式を採用する中国移動(China Mobile)もiPhoneの公式キャリアになろうとアップルにラブコールを送っているがはてさて……。

iPhoneは内陸奥地の中国聯通キャリアショップでも販売されている
[画像のクリックで拡大表示]
地方からの労働者や中高年が集まるところ、偽iPhoneショップあり
[画像のクリックで拡大表示]

 W-CDMA方式の中国聯通とTD-SCDMAの中国移動、CDMA2000の中国電信(China Telecom)によるシェア争いは3Gでの話。中国における利用実態を見ると、3Gの利用者が1億人に満たないのに対し、2Gの利用者は8億人強と圧倒的だ。2Gのキャリアの中では中国移動が圧倒的なシェアを占めていて、ナンバーポータビリティーが利用できないことから、電話番号を変えてまで3Gを利用しようという人は少なく、ほとんどの人がiPhoneにGSM(2G)のSIMカードを挿して利用している。

iPhoneを3Gで利用する人は意外に少なく、GPRS(GSM)や無線LAN利用者が多い(出典は中関村在線の6月末に発表したiPhoneユーザーレポート。以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
iPhoneにかける月額通信料。2Gを利用しているからか、通信料は低め。3Gでは150元(約1800円)プランを利用したとしてもデータ量は月に500MB程度しか利用できない
[画像のクリックで拡大表示]