開発ツールや開発支援サービスなどゲーム関連のBtoBソリューションを集めたビジネスソリューションコーナー。ここで古川さんが体験するのは脳波を使って、好意を診断するアーキテクトの「Brain Kiss」だ。

 簡易脳波測定器を装着し、気になる相手と15秒ほど見つめあうだけで、相手に対する自分の気持ちが5段階で診断できる。今回はアーキテクトの取締役新規事業開発部長の尾和克彦氏と相性診断。尾和氏の目をじっと見つめる古川さん。その結果は「嫌い」。残念。脳波を測定して、相手に集中しているか、心は落ち着いているかなどを判断する。「疲れているときは集中が難しい」と尾和氏。そんなにショックだったのか……。

 簡易脳波測定器は、バンドにはさむだけの手のひらサイズ。いつでもどこでも手軽に脳波を測定できる。ゴルフやアーチェリーなどのスポーツのメンタルトレーニングや脳波で遊ぶ玩具やゲーム機のハードとしての活用を目指す。残念ながら、アーキテクトはビジネスデイだけに出展しており、一般公開では体験はできない。簡易脳波測定器は、2012年春発売予定。価格は未定だ。来年の東京ゲームショウには脳波ゲームが体験できるようになっているかもしれない。

脳波で相手への好意を診断する「Brain Kiss」。今回はアーキテクトの取締役新規事業開発部長の尾和克彦氏(右)と相性診断
[画像のクリックで拡大表示]
まずは頭にバンドを装着。そのバンドに簡易脳波測定器を装着する。さあ測定開始
[画像のクリックで拡大表示]
結果は残念ながら「嫌い」。トホホ顔の尾和氏。「そんなことはないですよ(笑)」と古川さん
[画像のクリックで拡大表示]
結果は残念でしたが、最後は尾和さんと2人で仲良く記念撮影
[画像のクリックで拡大表示]

(文/三浦善弘=日経トレンディネット、写真/吉村 永)

プロフィール

古川小百合(furukawa sayuri)

8月23日生まれ。
ケイダッシュステージ所属。声優・ナレーター・タレントとして活躍している。ゲーム機のファミコンから最新機種まですべて所有するゲームマニア。セガのアーケードゲーム「戦国大戦‐1560尾張の風雲児‐」のボイスキャストを務めている。TOKYO MXのアニメ「ぬらりひょんの孫~千年魔京~」に出演中。 日経BP社が発行する「ゲームエンタ!」(7月13日発行)にもインタビューが掲載!
公式Twitter:http://twitter.com/#!/furukawasayuri
オフィシャルホームページ:http://www.kdash.jp/profile/stage/furukawa/index.php