2011年7月24日にアナログ放送からデジタル放送へ完全移行(東北3県を除く)したため、多くの人がブラウン管テレビから薄型テレビへ乗り換えたことと思う。最新の録画機能付きテレビに加えて、BDレコーダーもそろえたという人も多いかもしれない。

 一度ハイビジョン映像に慣れてしまうと、ちょっとつらくなるのが「SD(標準画質)映像」のぼやけ感だ。せっかくフルハイビジョンの時代になったというのに、旧時代の遺物的な赤白黄色ケーブル(アナログ映像・音声ケーブル)でテレビと接続するのはしのびない。

 そこで今回は、任天堂のゲーム機「Wii」を薄型テレビのHDMI端子に接続できる「Wii TO HDMI CONVERTER BOX [MG2000]」を紹介しよう。

赤白黄端子よさらば! HDMIケーブル1本でWiiをお手軽接続

 マグレックスが2011年7月に発売した「Wii TO HDMI CONVERTER BOX [MG2000]」は、ゲーム機「Wii」の映像と音声をHDMIケーブル1本でテレビに出力できるという周辺機器だ。Wiiの映像はDVDと同程度の480p(720×480ドットのプログレッシブ出力)しかないのだが、Wii TO HDMIを利用することで720p(1280×720ドット)もしくはフルHD(1080p、1920×1080ドット)までアップコンバートできる。

マグレックスが2011年7月に発売した「Wii TO HDMI CONVERTER BOX [MG2000]」(実勢価格6500円)。当初はAmazonのみでの販売だったが、現在は販売休止中。家電量販店などに販路を広げて9月に再発売される予定とのことだ(画像クリックで拡大)

 Wii TO HDMIの魅力の一つは、「テレビのHDMI端子に接続できる」という点にある。小型テレビなどは特にそうなのだが、HDMI端子が充実する半面、アナログ端子が大幅に削られているという場合がある。

 例えば筆者が仕事で利用しているシャープの「AQUOS LC-24K5」の場合、HDMI端子3系統のほか、アナログ入力はD端子1系統にアナログAV端子(赤白黄色端子)1系統しか備えていない。D端子にDVDプレーヤーなどを接続してしまうと、残るはHDMI端子かアナログAV端子のどちらかしかなくなってしまう。

 アナログAV端子なら、3~4系統の機器を切り替えられる「セレクター」なども低価格で用意されているが、これを使うのもちょっと面倒だ。今や3~4個付いているのが当たり前のHDMI端子に接続するのが、最もリーズナブルな選択だと言える。