ダイヤモンド囲碁サロンで開催する「浴衣de AMIGO」は今年で4回目。参加者39人中30人が女性。うち約20人が「打つのは今日が初めて」という入門女子

記事へ戻る(ページを閉じる)

囲碁人口にかつてない異変が起きている。おじいちゃんの趣味と思われがちだが、囲碁普及団体が開催する最近のワークショップでは、参加者の7割、入門者のほぼ9割を20代~30代の女性が占める。囲碁ガールの増殖がおびただしい。数千年にわたる東洋の英知とも称えられる頭脳ゲームの世界で今、一体なにが起きているのか!? 女性には、オトコが驚くような“打つ理由”もあるという……。