電車の中ではスマホで詰め碁

 「あとはみなさん、スマートフォンに必ず囲碁アプリが入っています。通勤電車の中では詰め碁で自主トレをやる」(松原さん)

囲碁ガールが通勤電車の中でやる詰め碁はこんな感じ。iPhone用の囲碁アプリ「smart碁」(画像クリックで拡大)

 ちなみに下写真は、iPadで楽しむ「iGoban」という無料の囲碁アプリだ。碁盤も碁石も持ち歩かず、リアルな対戦ができる。iPhoneだと画面が小さすぎて19路盤(縦横19本ずつの標準盤)は入らないが、iPadの大きさだと可能。ただしネット対局はできない。

碁笥(ごけ)に入っている石に1回タッチして盤上にそのまま触れると、石が置かれる(画像クリックで拡大)

ゲーム終了時は、長手の方向へiPadを傾けるとこの通り、石がふうっと消える(画像クリックで拡大)

 ところで、「碁的」が標榜する「頭の中からキレイをつくる」ってどういうことなのか?