フェイスブックなどで一大コミュニティーを築くコスプレイヤーたち

(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

 また、コスプレのトレンド化については、「英国でコスプレがトレンドとなるかどうかはわからない」としながらも、「1人でコスプレをするより、人に見せる、あるいは仲間と参加するなど、集まってコスプレをするほうが楽しいのは間違いない。実際に今回のコスプレアワードには、多くのコスプレイヤーが集まった」とモートン氏は言う。

 彼らは、フェイスブックなどのソーシャルネットワーキングサービスやブログを通じて、一大コミュニティーを築き上げているという。時間や場所を決めてコスプレをするために集まるなど、1人ではなく仲間とコスプレを楽しむのが一般的なのだそうだ。英国においてコスプレは、もはや「オタク」な人々の楽しみというより、誰もが参加できる新しい形のクールなエンターテインメントとしての地位を築き始めているようにも感じる。

 「ハイパージャパン」では、日本食や日本のポップカルチャーへの興味が、一部の人々の一過性のトレンドではなく、一般レベルまで浸透しつつあることがうかがわれた。この流れは今後もしばらく続くことだろう。引き続き注目していきたい。

ハイパージャパン 2011

日時:7月22日(金)~24日(日)
場所:Olympia 2, Hammersmith Road, London W14 8UX
主催:クロスメディア
ホームページhttp://www.hyperjapan.co.uk

(文/名取 由恵=ロンドン在住ジャーナリスト、アロマセラピスト)

著者

名取 由恵(なとり・よしえ)

フリーランス・ジャーナリスト/セラピスト

 子供のときからのUKロック好きが高じて1993年に渡英。日本の音楽専門誌を中心に英国の音楽情報を発信するほか、在英日本人向けの現地情報誌に音楽、エンタテインメント、ライフスタイルなどの記事を寄稿している。また、IFA認定アロマセピストの資格をもち、プロのマッサージ/セラピストとして施術を行うなど、幅広い活動を行っている。6歳のひとり息子を育てるシングルマザー。