2011年7月20日、Core iシリーズを搭載したアップルの「MacBook Air」が発売された。周囲に「Core iが載ったら買う!」と宣言していた筆者は、有言実行すべく翌21日、11インチのMacBook Air(10万2800円)を購入した。店頭モデルの上位機にあたり、CPUはCore i5、4GBのメモリーと128GBのSSDを搭載している。

 都内のApple Storeで購入したのだが、発売直後とあって人気が高く、11インチで購入できたのは筆者が購入したモデルと、CPUをCore i7、256GBのSSDに変更した“特盛り”と呼ばれる最上位モデル(14万2800円)だけだった。一瞬、「Core i7版のMacBook Airもご用意できます」と店員に言われ、気持ちが揺れたのだが、今回は訳あって4万円安いモデルを選択した。

 なぜ、性能の低いモデルの方を選んだのか? 単に価格が安いからではない。MacBook Airというパソコンの性格上、とくに小型の11インチモデルは、あえて高性能を求める必要はないと考えたからだ。おそらく、MacBook Airはメーンとしては使わない。必要最低限のデータを入れて持ち歩く、サブノートの用途になる。それなら、大仰な性能は必要ないだろうと考えた。それからあと4万円も出せるなら、後述する“ほかの性能”をアップさせることに使った方が良いと思ったからである。

 以前なら、間違いなく特盛りを選んでいたであろう筆者が180度変わった背景には、本コラムのテーマである“クラウド”の影響が大きい。さまざまなクラウドサービスを使っていくうちに、1台のパソコン、1つの端末に依存しない作業環境が整いつつあるからだ。過去のコラムに書いたように、進行中の仕事で必要なファイルは「Dropbox」で共有し、仕事が完了したら「Evernote」へと移動させている(関連記事)。メールは「Gmail」に集約し、ブックマークも「Xmarks」、もしくは各ブラウザーの同期機能を使って共通化している(関連記事)。日本語のユーザー辞書についても、「ATOK 2011」を使って同期している(関連記事)。

 11インチのMacBook AirにはSDカードスロットがないという懸念も、「Eye-Fi」を使えばWi-Fi転送できるから問題ない(関連記事)。さらに筆者のように、Eye-Fiから写真共有サービスのFlickrへ直接保存しておけば、必要な写真をその都度ダウンロードすればいいのでディスク容量も節約できる(関連記事)。だから作業に必要なソフトウエアをインストールしておけば、Windowsのモバイルノートだろうが、Macだろうが支障をきたさないのだ。

 実際のところ2kgを超える、MacBook Proの13インチは滅多に携帯はしないものの、愛用する2台のWindowsモバイルノートは、その日の気分、もしくはバッテリーの充電状況を考えて持ち出す機種を決めている。今回は、この筆者の作業環境にMacBook Airを加えようというわけだ。

アップルが2011年7月20日に発売した新型MacBook Air。筆者は11インチモデル(Core i5、メモリー4GB、128GB SSD)を購入。価格は10万2800円(画像クリックで拡大)

左は2年ほど前に購入したパナソニックの「Let'snote S8」、右は新MacBook Air。Let'snoteはスペックにこだわって約30万円もかけて直販限定モデルを購入したが、新MacBook Airはその3分の1の価格だ。クラウドサービスを上手く活用すれば、手ごろなMacBook Airも優れたクラウド端末になるはずだ(画像クリックで拡大)