2011年7月15日、北海道の空の玄関口である新千歳国内線空港ターミナルビルがリニューアルオープンした。出発・到着ロビーの拡張など、空港としての利便性や機能性が向上するほか、商業施設が拡大、エンターテインメント施設の新規オープンするなどし、航空機利用者はもちろん、地域住民も楽しめる滞在型施設へと生まれ変わった。特に物販・飲食店の充実のラインアップは、「食の北海道」をさらに印象づける強力なコンテンツになりそうだ。

 国内線ターミナルビルは4階建て。増築面積は約2万9330平米で、総事業費は約200億円。従来の1.6倍にあたる168店が出店予定で、施設オープン日の7月15日にはこのうちの116店、22日にはさらに7店が開業する。全面オープンは2011年12月の予定で、年間320億円の売り上げを目指す。また、航空機利用者以外の来場者数は約90万人を見込んでいる。

映画館や温泉施設で家族が一日じゅう楽しめる

 まず国内線4階の「オアシスパーク」には、国内では初となるエアポートシネマ「じゃがポックルシアター」が開業。3スクリーン377席で、3D映画にも対応。また、同じく国内空港初の本格温泉施設「万葉の湯」は、大浴場や岩盤浴のほか、宿泊設備も備えている。

エアポートシネマ「じゃがポックルシアター」。「じゃがポックル」といえば、北海道限定の人気土産。オフィシャルスポンサーとなるカルビーがネーミングライツを取得。利用者により親しみを持ってもらえるよう、同社の千歳工場でのみ生産されている商品の名前を施設名に冠した。併設したCalbeeショールームではスナックなどを販売。なお、シネマでは「ハリー・ポッター」最終章などを上映する(画像クリックで拡大)

「万葉の湯」は露天など4種類の浴槽のほか、仮眠や休憩ができるリラクゼーションルームや宿泊施設もあり、早朝便を利用する際には前夜から利用できる。また、“爆弾低気圧”など悪天候の影響で冬は一時空港閉鎖になる日もあるため、こういった施設はアクシデント時の強い味方になりそうだ(画像クリックで拡大)

※写真はすべて2011年7月12日の内覧会時点のもの