ジャンル ライフ
アプリ名 みんなのラーメンタイマー
作者 tsubu
料金 無料
ダウンロード先
カップラーメンのバーコードを読み取ると、製品を認識してタイマーが自動的にセットされる。このシンプルさの中に、便利さと面白さが詰まっている。

 カップラーメンを食べる――その時に必要なのは、熱湯とタイマー(と、おはしなどもね)。しかし、お湯が沸いたところで、キッチンタイマーが見当たらなかったり、はたまた「熱湯3分」といった文字をなかなか発見できなかったりしていら立つこともある。

 ケータイやスマートフォンにはカウントダウンタイマー機能があったりするので、お世話になる機会は多い。しかし、「みんなのラーメンタイマー」があれば怖いものなし。なぜならカップラーメンのバーコードを撮影すると、自動的に調理に必要な時間をセットしてくれるからだ。あとは沸いたお湯を火傷しないようにカップに注いで、「開始」のボタンをタップするだけ。