前回、無線LAN機能内蔵のSDカード「Eye-Fi X2」シリーズに搭載された「ダイレクトモード」機能について述べた。ダイレクトモードとは、デジカメ(Eye-Fi)とiPhoneやiPadとをワイヤレスでつなぎ、撮影した写真を送信する機能のこと。iPhoneやiPadを、写真ビューワーとして使えるようになる。記事では、iPadの大きな画面で撮影した写真を選別し、ストレージサービスの「Dropbox」へと転送することを提案した。個人的には、理にかなったデジカメ写真の管理方法だと思う。「快適だなぁ…」と思いながらしばらく使っていたのだが、気がかりなことがでてきた。それは写真を保存するクラウドサービスの容量だ。

 Dropboxに写真を保存しようと思うと、無料で使えるのは2GBまで。有料サービスに切り替えても、最大100GBまでしか保存できない。写真は、クラウド上へアップロードしたら最後、削除することはまずない。仕事のファイルのように、プロジェクトが完了したらDropbox上からバックアップ用の外付けHDDへ移動する……というわけにいかないのだ。そこで目を付けたのが写真共有サービス「Flickr」(フリッカー)である。

 写真共有サービスというと、国内では「フォト蔵」や、グーグルが運営する「Picasa」(ピカサ)などが有名。Flickrは、それらサービスよりも歴史が古く、海外では定番のフォト共有サービスだ。現在は米ヤフーの傘下に入っているので信頼性も高い。Flickrは優れたオンラインサービスなのだが、「英語サイトだから……」という理由で利用してこなかった。今回、重い腰を上げた背景には、iPhoneやiPadを利用するようになってから、海外のオンラインサービスやアプリを使う機会が増え、以前よりも苦手意識が薄れたためだ。同種のサービスと比べても、魅力的だったことも大きい。大切な写真を守ることにもつながるFlickrの導入。その方法と使いこなし方法を紹介したい。

Flickrの公式サイト。現在は、米ヤフーが運営するサービスの1つだ。英語サイトのため操作に戸惑うこともあるが、使いやすくする“秘訣”があるのだ