東日本大震災後、スーパーの棚から消えて困ったモノの1つにヨーグルトがある。計画停電の影響で、長時間発酵しなければならないヨーグルトや納豆は生産がストップし、一斉に消えてしまった。資材などの工場が被災したということもあって、計画停電がいったん終了した後でも、なかなか買うことができなかった。

 最近になってようやく見かけるようになったものの、ヨーグルトや納豆の棚は「お一人様1つまで」の張り紙が…。夕方以降は売り切れていることも多く、以前のように気軽に買うことはできなくなってしまった。親だけなら我慢できるのだが、子供達は大好きなので、この2つが買えないのは我が家にとって非常にツライところだ。

 そこで、「自分で作ったり、増やすことはできないだろうか?」とネットで調べたところ、ヨーグルトは自分でも簡単に作ったり、増やしたりすることができることを知った。今回はヨーグルト作りに挑戦してみよう。

タニカ「ヨーグルティア YM-1200」(画像クリックで拡大)