Facebookユーザーや、これからFacebookを使う初心者は、さまざまな疑問や質問を抱えているはず。その疑問に、Facebookの専門家がズバリ答える連載です。

 これは、大変多くのユーザーからご質問を頂く内容です。ユーザーからは「今はTwitterもやっている。そこでTwitterでの投稿をFacebookにも流せば、Facebookのほうもにぎやかになるだろう」、「SNSのかけ持ちは大変。TwitterとFacebookを一緒に管理できたらいいのに」、といった意見をよく耳にします。

 一見するとTwitterのタイムラインとFacebookのニュースフィードは非常に良く似ています。そのため、自分の投稿をTwitterとFacebook両方に自動的に流すような仕組みを作ってしまえば、万事解決のように思えます。

 ですが、前回の回答でもお話したように、2つのサービスは性質が大きく異なります。ですので、混同すると両方の良さを生かせなくなります。Twitterの投稿を半自動化させてFacebookに流すような事は、私はあまり勧めていません。

 それでは、TwitterとFacebookをどう使い分けをするのがスマートでしょうか。それは、アプリケーションを使って投稿をコントロールをすることです。

 そもそも、FacebookとTwitterと連携させたい理由は

「Twitterでの自分自身のつぶやきはFacebookに流さなくていいけど、自分が興味を持ったウェブページや記事の紹介はTwitterでもFacebookでも両方に流したい!」

というものが大半です。

 こんな時に自分で投稿をコントロールできるのが、「Selective Tweets」というアプリです。このアプリは、Facebookの検索ボックスに「Selective Tweets」と入力すると探すことができます。当該ページに来たら「アプリに移動」をクリックしたあとで、自分のTwitterアカウントを登録すれば使えるようになります。

Selective Tweetsの画面(画像クリックで拡大)

 このアプリは、Twitterの投稿内に「#fb」というハッシュタグを入れた場合にのみ、そのハッシュタグを抜いた状態でFacebookにも投稿を流すことができるのが魅力です。

Twitterの公式ページから、「#fb」を付けたつぶやきを投稿すると……

「#fb」を付けた投稿だけが、Facebookにも投稿される