お酒に弱い人は、純米酒30cc入りの「『純米』酒味噌ラーメン」(880円)から試してみては。純米吟醸酒70cc入りの「『極醸』酒味噌ラーメン」は980円(画像クリックで拡大)

 新潟ラーメンが静かなブームを呼ぶ中、新しくできた新潟ラーメン専門店「新潟進化系ラーメン 俺たち越後や!」が人気だ。2011年1月25日のオープンだが、平日は開店から2時間ほど行列が途切れないという盛況。注目を集めているのは、「極醸(ごくじょう) 酒味噌ラーメン」。スープ1杯分に酒かす60gと純米吟醸酒が70ccも入っている。「最後にひと煮立ちさせているため、お酒が弱い人でも抵抗なく食べられるはず」(店長・桑原俊氏)というが、未成年者飲酒禁止法に抵触するため、20歳未満の客には提供できないことになっている。

 地酒の入っていない「越後醤油」、「越後味噌」、「越後塩」ラーメンもあるが、そちらはまた別の形で越後の米の恵みを味わえる。スープは新潟ラーメンをベースに関東向けにアレンジし、新潟産コシヒカリを炊き込んですりつぶしたペーストを溶かし込んだという独特の「米ポタージュスープ仕立て」。「コシヒカリの甘みが溶け込んだとろけるスープが太ちぢれめんに絡む、新しい食感を味わってほしい。お米ベースならではのあっさりしたとろみが好評です」(店長)。場所は東京メトロ丸の内線・新宿御苑駅徒歩4分。夜は一品料理も提供しており、越後の地酒を楽しめる居酒屋としても人気だ。

(文/桑原恵美子)