ゲーム機としても人気のiPod touch

 NGPの口コミには、「(NGPは)スマートフォンのようなスペック」という書き込みがあった。PlayStation Meeting 2011でSCEの平井一夫社長が「携帯電話やスマートフォン、タブレット端末で簡単にゲームを楽しめるようになり、それを遊ぶユーザーも加速度的に増加している。この市場は無視できない」と語ったように、スマートフォンを意識しているのは間違いない。

 スマートフォンでゲームと言えば、アップルのiPhoneやiPod touchだ。ゲームタイトルはニンテンドーDSやPSPよりはるかに多い5万以上。先日は全世界で100億ダウンロードを記録した(ゲーム以外のアプリも含む)。iPod touchは、iPhoneから通話機能を省き、月額使用料なしで使えることから、ゲームなどのアプリを楽しみたい人に人気だ。口コミでは「アプリ」という言葉が多く使われている。iPod touchのゲームは、遊びたいゲームを「App Store」から音楽感覚で選び、大量に持ち運べるのが特徴だ。口コミでも、おすすめのゲームアプリを紹介しあったり、攻略方法の情報交換などがされている。

 iPod touchの口コミには、「久々にゲームをした」「意外に面白いゲームがそろっている」という声が多い。ゲーム機としては購入していない人が、購入を機にゲームをしていることがうかがえる。iPod touchのゲームは、画面をタッチしてキャラクターを操ったり、加速度センサーを使って本体を傾けてコントロールしたりする。ボタンや十字キーを使ったゲーム機よりも直感的で、説明書を読まなくても遊べる。iPod touchはもともとは携帯音楽プレーヤーだが、マルチタッチスクリーンを使ってネットを見たり、メールを書いたりできる。「iTunes Store」からは音楽だけではなく、映画もダウンロード可能だ。まさに万能エンターテインメント機と言える。

アップル
iPod touch
実売価格:2万900円(8GB)
発売日:2010年9月10日
“電話契約なしで使えるiPhone”として、ゲームなどの豊富なアプリが利用できる多機能な携帯音楽プレーヤー。「Game Center」機能(右)で、友人とハイスコアを競ったり、対戦ができるソーシャルゲームの要素も持つ(画像クリックで拡大)

価格.comのトレンドサーチから引用
Copyright (c) Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved.(画像クリックで拡大)

ライバル増加で競争が激化する携帯ゲーム市場

 ニンテンドー3DSとNGPの口コミでは、どちらを購入するか迷っている人がいた。両方を購入する予定の人もいる。iPod touchの口コミでは、NGPに期待している人が多い。「ソニー版のiPod touch」と見る人もいる。SCEは、Android OS搭載のスマートフォンやタブレット端末向けに同社のゲームタイトルを配信することを発表している。NGPとAndroid端末両方に配信できるため、App Storeのような仕組みができあがることになる。Android端末へのゲーム配信は、販路拡大とNGPへの新たな開発者の参入を促すのが狙いだ。これにより、タイトルの増加が見込まれる。

 スマートフォンやタブレット端末で遊べるゲームの急増。携帯電話で遊ぶソーシャルゲームの急成長など、専用の携帯ゲーム機以外が盛り上がっている。今年はニンテンドー3DSとNGPの登場で、ユーザー獲得の厳しい競争が繰り広げられそうだ。

(文/三浦善弘=日経トレンディネット)