左から「文具王」高畑正幸氏、「手帳王子」舘神龍彦氏、「目利きライター」納富廉邦氏

記事へ戻る(ページを閉じる)

12月某日、東京・四ツ谷の某所に、3人の「手帳の達人」たちが集まり、「手帳術」について改めて徹底的に語り合った。参加者は「目利きライター」納富廉邦氏、「文具王」高畑正幸氏、そして「手帳王子」舘神龍彦氏だ。3氏のトークは当初から異様な熱気を帯び、編集部が口を挟む隙が全くないほどの勢いで続いた。