NTTドコモが2010年10月28日に発売した韓国サムスン電子製のスマートフォン「GALAXY S SC-02B」が人気だ。予約販売台数は5万台を超え、Gfk Japanの製品別販売台数ランキング(調査期間は2010年10月11日~11月7日)では、初登場でいきなり3位に入った。価格比較サイト大手の「価格.com」によると、10月13日から注目度でNTTドコモのカテゴリーで首位をキープしている。クチコミの数も3345とほかのキャリアのスマートフォンより圧倒的に多く、注目の高さがみてとれる。人気の理由を価格.comの各種データをまとめた市場調査支援サービス「トレンドサーチ」から探った。

発売前から注目度ランキングは首位

 GALAXY S SC-02Bは、発売前から注目度が高く、10月13日から注目度(製品ページの閲覧数)で1位をキープし続けている。閲覧数は11月1日~11月7日の集計で、2位のソニー・エリクソン製の「Xperia SO-1B」の3倍以上だ。クチコミの数は発売直後の10月30日に210件を記録。その後は落ち着いて1日100件前後で推移している。

■価格.comの注目度ランキングとクチコミ数

価格.comのトレンドサーチから引用
Copyright (c) Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved.(画像クリックで拡大)

ユーザーの関心は「アプリ」

 GALAXY S SC-02Bは、Androidの最新版であるAndroid 2.2をはじめ、最先端かつ高い性能を備えているのが大きな特徴だ。海外では既に500万台以上を販売している。ディスプレイは4.0インチ(480×800ピクセル)の“Super AMOLED”(スーパー有機EL)ディスプレイを搭載。液晶と比べて輝度が高く、明るい屋外でも見やすい。口コミ(カカクBBS)でも店頭で他社のスマートフォンと比較して画面がきれいだったという声が見られた。

 本体はスリムで重さは約118gと軽量だ。カメラはオートフォーカス対応の500万画素CMOSカメラを搭載。BluetoothやIEEE802.11n対応のWi-Fiをサポートする。プロセッサーにはサムスン電子製の「S5PC110」を採用する。動作周波数は1GHzだ。

 価格.com内のGALAXY S SC-02Bの口コミで、多く使われている言葉は「アプリ」だ。オススメのアプリの情報を交換する場となっているようだ。例えば、手持ちのビデオを見られるアプリや、バックグラウンドで動作しているアプリを管理するためのアプリは何がオススメかを質問したり、解答したりしている。特に高速化するものやバッテリーを延ばすためにどのアプリが最適かを語り合う口コミが多い。

価格.comのトレンドサーチから引用
Copyright (c) Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved.(画像クリックで拡大)