(文/長谷川 ゆか=ロンドン在住ジャーナリスト)

 英国において11月上旬といえば、国民的行事である“ガイ・フォークス・ナイト”。17世紀に当時の国会議事堂を爆破しようとした陰謀が未遂に終わった11月5日を記念し、11月の第1土曜日には大規模な花火大会が英国各地で開催される。

 今年の第1土曜日、11月6日は、ロンドンのあちらこちらから聞こえてくる大きな爆発音を背景に、ヨーロッパ最大級の複合文化施設「バービカン・センター」が大きな盛り上がりを見せていた。「バービカン・コスプレ・エクストラバガンザ(Barbican Cosplay Extravaganza)」と銘打ち、ユニークな出で立ちのコスプレイヤーたちが集まったイベントが華やかに開催されたからだ。この日はコスプレファンたちが三々五々バービカンを訪れ、パーティーが始まった18時過ぎは、漫画本やアニメグッズを売るストールやコスプレフォトブースなどが立ち並び、広々としたロビーはあふれんばかりの熱気で最高潮を迎えていた。

(画像クリックで拡大)