高校時代から一気に大きくなる大学の出費

表:居住形態別収入平均額及び学生生活費の内訳。出典:独立行政法人日本学生支援機構「平成18年度学生生活調査結果」(画像クリックで拡大)

 まず、上の表の「支出」欄の最上段に位置する授業料を確認して下さい。国公立は50万円程度、私立は90万円程度となっています。公立高校が約12万円、私立高校が約32万円だったことを踏まえると、これは相当の負担増です。これに、その他の課外活動費や通学費など、必須に近い経費を加えた金額は、「小計(学費)」欄のように国公立で70万円程度、私立だと約132万円になります。

 また当たり前ですが、一人暮らしの場合は食費や住居費、水道光熱費もかかるので、負担はさらに重くなります。自宅からの通学の場合でも、学費以外に学生生活を楽しむためのお金も必要になるでしょう。

 例えば、表の最下段の一番左の数字は、自宅から国立に通う、もっとも費用がかからない学生の支出額を表しています。しかしそれでも、100万円の大台を超える約105万円です。下宿やアパート暮らしの学生にかかる費用は、さらに上乗せされ、国立の場合で総額約177万円、私立の場合は約247万円になります。

 ここまで説明すると、あまりの金額の大きさに「これは、4年間でかかる金額ですか?」と、質問される方がいらっしゃいます。答えは「いいえ」で、これは1年間にかかる費用です。つまり、もっとも出費が多い下宿やアパートから私立大学に通う学生の費用は、約1000万円(約247万円×4年間)にもなるのです。

 余談ですが、これだけの費用がかかるので、大学に通う子どもたちに「少しはアルバイトでもしなさい」という親も多いのです。しかし、稼いだアルバイト代の全額が、お小遣いとして消費されるだけというケースも少なくありません。だからといって、「毎月、家に○万円は入れなさい」と強要すると、よく分からない時給の高い仕事を始めてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

 なお話が前後しますが、大学に入学するためにはまず受験料など、入試にかかる費用がが必要です。受験費用の平均は、自宅通学者で約19万円、自宅外通学者で約24万円です。そのほかにも、自宅外通学の場合は敷金・礼金のほか、冷蔵庫や洗濯機などの家電をそろえる費用が必要になります。その総額は、平均で50万円を超えています。