「HOTデシュラン」6980円。0\.5合から最大1\.4合までご飯が炊け、炊き込みご飯やおかゆも調理可能(画像クリックで拡大)

 琳聡堂(東京都板橋区)から、いつでもどこでも炊きたてご飯が食べられる炊飯機能付きの弁当箱「HOTデシュラン」が今年5月末に発売された。記録的な猛暑という“逆風”にもかかわらず、発売後3カ月で約1万個も売れるヒット商品となっている。

 使い方は簡単。おかずケースにおかずだけを詰めて持参し、会社や学校に着いたら本体に無洗米と水をセット。あとは昼休み30分前に炊飯スイッチを入れるだけ。炊飯時に出る蒸気でおかずケースが加熱され、炊きたてご飯と熱々のおかずが同時に食べられる。おかずケースは特殊な作りになっているので、おかずは蒸気で湿ることなくじっくり加熱される。おかずケースに具を入れれば、職場で熱々のカレーや牛丼も食べられる。

 同社によるとによると、弁当箱としてよりむしろ、自宅で小型の炊飯器として使用する人が多いという。深夜帰宅の夫に一人分でも炊きたてご飯を食べさせたいという妻や、電子レンジを置くスペースがない独り暮らしの単身者で、「電子レンジ付き炊飯器」の感覚で利用している人が意外に多いとか。

 便利なだけではなく、消費電力250Wで電気代も1回1.5円と省エネ機能で経済的。さらに「ご飯のおいしさにも、自信があります。おかずも蒸気の力でゆっくり温めるため、電子レンジの温めよりも断然美味しくなります」(代表取締役の浅田浩司氏)。「猛暑にもかかわらずこれだけ売れたのだから、まだまだ伸びるはず」と同社では期待を寄せている。新米のシーズンには人気がブレイクするかもしれない。

(文/桑原恵美子)