iPhoneやiPadなどで30を超える雑誌や新聞が300~400円前後で楽しめるという「ビューン」。大胆な料金体系に加え、電子書籍のブームもあり注目を集めた。しかし、サービス開始初日から想定を上回る利用が集まりトラブルが発生、長期間にわたりサービスが停止する事態にも見舞われた。徐々にサービスを再開させているビューンの現状と今後について、ビューンの代表取締役社長である蓮実一隆氏に話を聞いた。

サービス停止の原因はどこに?

 最初に、ビューンのサービス内容とこれまでの経緯について少し振り返ってみよう。

 ビューンとは、iPhoneとiPod Touch、iPad、そしてソフトバンクモバイルの3G携帯電話上において、月額315~450円(デバイスによって異なる)で、13社の新聞・雑誌など31コンテンツの内容を読むことができるというサービスだ。ソフトバンクが出資する同名の企業が運営している。

 ビューンは、5月31日にサービス内容を発表。翌日の6月1日からiPhone・iPad向けにサービスを開始した。iPadが発売されて間もない時期であったことや非常にリーズナブルな料金体系であったこと、そして電子書籍への関心が高まっていることから、大きな注目を集めた。

 しかしそれゆえ、サービス開始直後から同社の想定を上回る利用者が殺到。「読み込みが遅い」などコンテンツが利用しにくくなるという問題が発生し、開始初日にコンテンツ配信が停止するという事態に陥った。

取材に応じるビューンの蓮実氏(画像クリックで拡大)

 この原因について、蓮実氏は「アクセスが多かったというだけでなく、アプリケーション側にも問題があった。当初は、一度にデータを読み込んで、あとから表示しやすくするなど、ユーザーフレンドリーな仕組みにし過ぎていた。そうした仕組みを改善するのにひと月近くかかった」と話している。