光学10.7倍ズームを搭載した高倍率コンパクトデジカメ。撮像素子には、1/2.3型、有効1000万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載している。画像処理エンジンは、「Smooth Imaging Engine IV」だ。レンズは、35mm判換算で28~300mm相当をカバーし、開放F値はF3.5(W)~F5.6(T)となっている。手ブレ補正にはセンサーシフト式を採用しており、シャッタースピード換算で平均約3.7段の手ブレ補正が可能。92万ドット、3.0型の液晶モニターは非常に美しく、直射日光が当たっても見やすい。

 撮影は、カメラが被写体を自動認識するシーンオートモード(S-AUTO)や、11のシーンモードがメーンとなるが、アーティスティックな写真を手軽に撮影できる「クリエーティブモード」も面白い。また、新搭載された「被写体追尾AF」は、子供やペットなど、動く被写体の撮影に効果を発揮する。

 操作感は、ボタン類が少なく、シンプルな印象。ADJ.(アジャスト)ボタンに露出補正、ホワイトバランス、ISO感度などを登録しておけば、それらの設定を瞬時に変更できるので使い勝手がいい。また、「AEロック」「ステップズーム」などの機能を素早く切り替えられるFn(ファンクション)ボタンも便利だと感じた。グリッド表示や水準器表示機能など、撮影アシスト機能も充実しており、構図の決定が楽なことも初心者にはありがたいだろう。

 画質はとてもシャープで、被写体のディテールまではっきりと描写している。色味は、実際の被写体と比べるとやや鮮やかだ。ノイズに関しては、ISO800までなら全く気にならない。ISO1600でも実用できるが、細かく画像を見てみるとややモヤっとした印象を受けるかもしれないので、被写体やシーンに応じて使い分けるといいだろう。

 今回掲載した拡大画像はすべてオリジナルデータなので、CX4の実力をじっくり見定めてほしい。

リコー
CX4
実売価格:4万円前後
発売予定日:2010年9月3日
有効画素数 約1000万画素
光学ズーム 10.7倍
記録メディア SDカード(SDHC対応)
液晶 3.0型透過型液晶(約92万ドット)
最高ISO感度 3200
●撮像素子:1/2.3型CMOS●最大記録画素数:3648×2736●レンズ焦点距離(35mm判換算):28~300mm●開放絞り値:F3.5~F5.6●最短撮影距離:約1cm●連写:最大5コマ/秒●動画:1280×720●内蔵メモリー:約86MB●バッテリー:専用充電池(DB-100)●サイズ:幅10.15×奥行き2.94×高さ5.86cm●重さ:184g(本体のみ)

●撮影モード:標準●絞り:F7.0●シャッター速度:1/310秒●ISO感度:100●焦点距離:4.9mm(35mm判換算:約28.0mm)(画像クリックで拡大)