授業料無料の公立中学校でも、学習費総額は月額4万円の負担

 公立と聞くと、ほとんどお金がかからないという誤解をしている方もいらっしゃいますが、実際は相当なお金がかかります(下の表参照)。公立小学校と同様、確かに授業料は無料ですが、修学旅行や遠足の行き先も遠方になり、小学校時代の費用と比べると高額になってきます。

 また、ここで注目しておくべきなのは、学校外活動費です。

 それまで、「受験」を他人事としてとらえていた家庭でも、高校受験を近未来の課題として意識するようになり、学校外での学習の機会が増えてきます。中高一貫教育が多い私立中学の場合は、一時的に塾通いをしなくなることもあり、平均値で見ると補助学習費が年間19万円程度なのに対して、公立中学校の場合は年間24万円となっています。

 実際の公立中学校の場合の学習費の総額は、48万円程度ですから、補助学習費は総額の半分を占めていることになりますね。