●ゲーム開発者たちを驚嘆させた「ゼロシーセブン」ブース

「ゼロシーセブン」ブースでは3Dゲームの必須ツールともいえるマーカーレス(センサーを使わない)のMotion Captureシステム「MVN」に関心を示すゲーム開発関係者が集まっていた。(画像クリックで拡大)

 TGS2010は人気ゲームだけでなく、ゲーム開発に関連する最新ツールやソリューションなどもアピールするイベントだ。3ホールの「ゼロシーセブン」ブースでは3Dゲームの必須ツールともいえるマーカーレス(センサーを使わない)のMotion Captureシステム「MVN」に関心を示すゲーム開発関係者が集まっていた。

 

 ブース関係者によれば、MVNはカメラレスでどこでも撮影ができる慣性センサータイプのモーションキャプチャーである。通常モーキャプのためには専用スタジオを用意するが、コレは屋外や電車など場所を選ぶ必要がないそうだ。「通常の衣服の下に着用可能なんです、それにワイヤレス動作できますから、これまでと違ってダイナミックなモーション撮影ができますよ」とのことだ。