PCのアプリは実務的、iPhoneのアプリは雑貨に近い

(画像クリックで拡大)

 世界中で累計販売台数4000万台を突破したとされる米アップルのスマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone」。このデバイス上で動くアプリケーションは日々、その数を爆発的に増やしている。開発者が売り上げの7割を得られるこのアプリ市場。ここで「勝つ」デザインはどのようなものか。

 アートディレクターの市古斉史氏は、知人と2人でユニットomletworksを設立、約1年前にアプリをリリースした。飛行機の離発着を知らせるフラップボードのような時計アプリ「FlipTime」は現在、10万ダウンロード突破目前。一時は日本国内のランキング2位につけるほど、人気を博した。市古氏は言う。