2000年より10年以上にわたって継続して、フランス、パリで開催されている、いわゆる「『クール・ジャパン』的なるもの(コミック、アニメ、アニソン、アイドル、ビジュアル系など)の博覧会」が「ジャパン・エキスポ」だ。

 今年で11回目を迎えたジャパン・エキスポは7月1~4日、パリ郊外のパリノール ヴィルパント展示会会場で催された。入場者数はなんと17万人(初回は3200人)。年々、右肩上がりの成長を遂げている。

 今年は日本からモーニング娘。やX JAPANも参加。盛況だったが、フランスで放送されている番組でレギュラーを務める麻生夏子もミニライブを敢行してきた。

 その番組とはフランスで600万世帯に無料配信しているIPTV局「NOLIFE」で日本文化を紹介する30分番組。既にシーズン2に入っているが、毎週放送の放送でMCを務めているのが麻生夏子、20歳だ。

 彼女は小学6年生のときに原宿でスカウトされ、そのままスターダストプロモーションに所属。演技レッスンや歌唱指導を受けてきた。

(画像クリックで拡大)

 だが、彼女がそのときに通っていたのは受験勉強の末、合格した私学で、芸能活動禁止。そのためデビューが遅れた。

 大学付属高校へ転校し、高校1年から活動を始め、2009年テレビアニメ「真マジンガー衝撃!Z編 on television」のエンディングテーマ曲でCDデビュー。その後も、立て続けに4曲のアニソンを歌い、今年8月4日、初のアルバム「Movement Magic」をリリース。9月11日には原宿アストロホールでワンマンライブを開くことも決定している。