【ディレクターjinkeの“矢立旅行記”その2】

それでも、デジカメジャーニーは続く

 旅にはおいしい食べ物がつき物。今回の鎌倉では何を食べたのでしょうかねえ。写真を引っ張り出して見直したところ、これといってグルメの画像が無い。「せめて、なにかないのかねえ」と探していると、ありました、食べてました、カップ麺(笑)。

二人にかかるとカップ麺も“鎌倉グルメ”に見えてしまいます(?)(画像クリックで拡大)

しかも、赤い毛氈(もうせん)までひいちゃって。さすがですな(画像クリックで拡大)

 そういえば、前回の島根編でも「時間がないなら、コンビニのおにぎりでもいいですよ」と造景さんが言ってました。そのフットワークの軽さと順応性があったからこそ、奇跡的なシーンにめぐり合えたのかもしれませんね。

参道の脇に竹やぶがあると「ちょっと、行ってみましょうよ」とガサガサ入っていくし……(画像クリックで拡大)

そこに人がいれば、すぐに「講習会」となるわけです(画像クリックで拡大)

 これまで、本当にたくさんの方のお世話になりました。心から感謝です。旅で出会った方々や読者の皆様に支えられてきました豊造のデジカメジャーニーも、とりあえずここらでいったん休憩であります。しかし、お呼びがあればすぐに飛び出す覚悟の豊造の二人。ひょっとしたら、あなたの隣でシャッターを押しているかもしれません。その時は気軽に「豊造~っ」と声をかけてください(笑)。それではまた会う日まで!

「豊造~っ! カムバッ~ク!!」。そんな声を、多数お待ちしております(笑)。スタッフ一同、皆様と再会できる日を心待ちにしております(画像クリックで拡大)

(文/豊田直之、写真/豊田直之・Sプロデューサー、制作協力/ジンケトリオ)