日経トレンディネットではiPadユーザーに対して利用実態調査を実施した(前編も参照のこと)。iPadを使い始めたことで、生活にどのような変化が起きているのだろうか。まず利用する時間が減ったものを聞いた質問では「ノートPC」を使う時間が減ったと答えた人が68.6%もいた(図1)。これに次いで多かったのが「iPhoneなどのスマートフォン」の利用時間だという回答だった(24.2%)。

Q1 iPad購入後に利用時間が減ったものは何ですか。(複数回答)

 このほか、テレビを見る時間が減った(21.3%)や本や雑誌を読む時間が減った(19.6%)との回答も多く、映像や電子書籍の表示デバイスとしてiPadが使われている姿が見えてくる。またそのほかの回答としてデスクトップPCの利用が減ったという意見も目立った。

調査方法

 日経トレンディネット上で、無記名のアンケート調査を実施。調査期間は7月1日~14日。有効回答769件。うち「iPadを持っている」と回答した586件を基に利用実態を集計。