APS-Cサイズの撮像素子を搭載する薄型のレンズ交換式ミラーレス一眼。NEX-5の下位機種にあたり、NEX-5より若干大きく、重い。NEX-3の注目すべき点は、やはり本体の薄さだろう。レンズを装着する前は、コンパクトデジカメとほとんど変わらないくらいコンパクト。本体カラーはブラック、レッド、ホワイトのほか、直販サイト「ソニースタイル」限定でシルバーも用意されている。

 撮像素子にはAPS-CサイズのExmor APS HD CMOSセンサーを採用しており、従来のAPS-Cサイズの撮像素子を搭載したカメラと同じボケを体感することができる。画像処理はBIONZ。液晶モニターは日中でも視認性の高いエクストラファイン液晶だ。この液晶はチルト可動式のため、ローアングル、ハイアングルの撮影が楽に行える。

 機能面は今までのソニー製デジタル一眼以上に多機能で、iAUTO、シーンセレクト、マニュアルモードなどを搭載。おなじみの「スイングパノラマ」機能も搭載されているので、手軽にパノラマ撮影を楽しめる。ボディーは非常にシンプルで、必要最小限の操作部しかない。そのため、設定などはすべてメニュー画面で行うことになる。カメラ任せのiAUTOでも十分きれいに撮影できるものの、WBやISO感度、撮影モードを変える場合は少し煩わしく感じるかもしれない。

 また、レンズは新マウントであるソニーEマウントを採用しており、ズームレンズの「E 18-55mm F3.5-5.6 OSS」と薄型広角レンズの「E 16mm F2.8」が使用可能。どちらのレンズも、一般的なデジタル一眼のレンズよりコンパクトになっている。

 レンズキット「NEX-3K」に同梱される「18-55mm F3.5-5.6 OSS」は、35mm判換算で27~82.5mm相当をカバー。シャッタースピード換算で約4段のレンズ内手ブレ補正を搭載しているのもうれしい。開放F値付近ではレンズ周辺に少し“流れ”が確認できるが、2段ほど絞れば改善される。レンズ中央部分は極めてシャープな印象だ。

 一方、「NEX-3A」のキットレンズ「E 16mm F2.8」は、35mm判換算で24mm相当の画角になる。手ブレ補正は搭載していないが、F2.8という明るさのおかげでシャッタースピードを稼ぐことができる。このレンズも開放F値付近では少しレンズ周辺に乱れが生じるが、2段ほど絞ればシャープになる。歪曲収差などはほとんど気にならない印象だ。

 画質に関しては、さすがデジタル一眼。被写体のディテールまでしっかり描写できている。また、ISO800までは全くノイズを気にすることなく撮影できる。ISO1600で若干目立ち始めるものの、十分常用範囲だろう。ISO3200になるとシャープさが失われるが、被写体によっては使用できそうだ。

 今回掲載した拡大画像はすべてオリジナルデータなので、NEX-3の実力をじっくり見定めてほしい。

ソニー
NEX-3
実売価格:7万2000円前後(ダブルレンズキットの場合)
発売予定日:2010年6月10日
有効画素数 約1420万画素
記録メディア メモリースティック PRO デュオ、メモリースティック PRO-HG デュオ、SDメモリーカード(SDHC、SDXC対応)
液晶 3.0型ワイドTFT(約92万ドット)
最高ISO感度 12800
●撮像素子:APS-Cサイズ Exmor APS HD CMOSセンサー●最大記録画素数:4592×3056●連写:最高7コマ/秒●動画:1280×720(30fps)●バッテリー:専用充電池(NP-FW50)●本体サイズ:幅11.72×高さ6.26×奥行き3.34cm●重さ:239g(本体のみ)

●撮影モード:標準●絞り:F6.3●シャッター速度:1/640秒●ISO感度:200●焦点距離:16.0mm(35mm判換算:約24.0mm)(画像クリックで拡大)