フランスで人気がある日本のマンガ、アニメ、音楽作品とは?―― 人気投票などで最優秀賞を決める「JAPAN EXPO AWARDS 2010」が発表された。少年マンガ部門はフランスでは仏KANAが出版する「BLACK BUTLER」、アニメの最優秀シリーズ賞に仏KAZEが発売する「SOUL EATER」、最優秀アルバム賞にはドイツのGAN-SHIN RECORDSが発売するビジュアル系ロックバンドMUCCの「KYUTAI」が選ばれた。

「JAPAN EXPO AWARDS 2010」に選ばれた作品の担当者らがトロフィーを受け取った(画像クリックで拡大)


 7月1日に発表された各賞は、「JAPAN EXPO」を主催するSEFA EVENTの選考委員会がノミネートし、メディア関係者など9名の審査委員の評価と一般投票を基に選出した。プロの評価と一般投票はそれぞれ50%の割合、一般投票は仏でCDや本を扱う大手チェーン「フナック」のホームぺージなどでも集めた。


 「JAPAN EXPO」会場内のホールで開かれた授賞式には、デビュー30年でJAPAN EXPOのゲストに招かれたマンガ家の北条司氏も出席。特別賞を受賞し「大変名誉に思っております。みなさんありがとうございます」とあいさつした。JAPAN EXPOでは北条氏の作品を紹介する特設ブースも設置され、サイン会に登場すると歓声があがる人気ぶりだった。

北条氏はJAPAN EXPOの期間中は何度もサイン会が開かれた(画像クリックで拡大)


 フランスでは、日本のマンガの翻訳本や日本のアーティストのCDなどが現地の企業などを通して販売されている。仏マンガ出版大手のKANAによれば、人気マンガの「NARUTO」は2009年の1年間に約108万部を販売した。マンガの新刊は1冊6~7ユーロほどで販売されている。

授賞式ではオリエンタリズムの二人と我武者羅應援團がパフォーマンスをして会場を盛り上げた(画像クリックで拡大)

▼主な受賞作品

▼マンガ

 ・少年:BLACK BUTLER(黒執事)

 ・少女:OTAKU GIRLS(妄想少女オタク系)

 ・青年:IKIGAMI(イキガミ)

▼アニメ

 ・マンガシリーズ:SOUL EATER(ソウルイーター)

 ・オリジナルシリーズ:CODE GEASS(コードギアス)

▼音楽

 ・ベストアルバム:MUCC「KYUTAI」(球体)

 ・ベストアーティスト/グループ:HYDE

▼JAPAN EXPO AWARDS

 http://www.japan-expo-awards.com/

(文/吾妻 拓=日経トレンディネット)