フランスで開催されている日本のポップカルチャーを紹介するイベント「JAPAN EXPO」(JE)。初日は木曜日にもかかわらず、多くの若者でごったがえした。会場内のどこを見渡しても“日本(風!?)”のコンテンツであふれている。販売されているマンガや音楽CD、洋服などを真剣に手にとる姿は印象的だ。

(画像クリックで拡大)

 出展者の多くは地元の企業などだが、日本企業のブースも注目を集めていた。例えば今年、トーハンが窓口となって出展して雑誌などを販売しているブースも大人気。ファッション誌、アイドル誌、アニメ誌などを日本から持ち込んで販売する。女性の集客を見込んで展示した狙い通り「立ち寄る人の8割は女性」という。雑誌やマンガを読んで日本語に興味を持った人が日本語を勉強できるよう、日本語の教科書なども販売している。

ファッション雑誌などのほかに、日本語の教科書なども販売していた(画像クリックで拡大)

 ネット生中継が、コスプレーヤーたちから人気だったのがニワンゴが運営する「ニコニコ動画」。会場には2ちゃんねるの元管理人でニワンゴ取締役の西村博之氏も顔を見せており、「日本のコスプレーヤーは控えめだけど、こちらはそんなことない感じですね」とのこと。大きめのモニターに映しだされる自分たちの姿に、フランス人は大喜びだ。

ニコニコ動画のブースに来ていた、ニワンゴ取締役の西村博之氏。コスプレーヤーたちは大盛り上がりだった(画像クリックで拡大)