タッチパネル液晶モニターを搭載した新感覚のデジタル一眼だ。ピント合わせも、液晶に映っている被写体をタッチするだけ。タッチシャッターを搭載しているので、液晶にタッチするだけで撮影できる。ボディーカラーには、コンフォートレッド、コンフォートブラック、コンフォートブルーの3色を用意。

 撮像素子は、有効1210万ドットの4/3型Live MOSセンサー。画像処理エンジンにはヴィーナスエンジンHD2を搭載しており、超解像技術を生かした画像処理を実現している。また、最大で1280×720のAVCHD LiteまたはモーションJPEGでの動画撮影も可能。液晶はアスペクト比3:2、46万ドットの3.0型広視野角TFTタッチパネルで、約144万ドッドのカラー液晶ビューファインダーも搭載している。

 タッチパネルは直感的な操作が可能なので、初心者にもおすすめ。デジタル一眼ながら、コンパクトデジカメで好評の「おまかせiA」「追っかけフォーカス」「個人認識」といった機能もある。シーンに合わせてカメラが適切な設定をしてくれる「シーンモード」は10種類。そのうち、よく使われるシーンモードは「アドバンスシーンモード」としてモードダイヤルに登録されている。また、銀塩カメラのような表現が楽しめる「フィルムモード」や、手軽にアーティスティックな効果を設定できる「マイカラーモード」も面白い。

 画質は、実際よりも少し鮮やかで、シャープな印象。花などの細かい部分もきっちりと描写している。ノイズに関しては、ISO800までは常用範囲で、ISO1600でも十分使用できる。ただし、感度を上げると徐々にノイズが目立ち始めるので被写体と撮影状況に合わせて調整したい。

 今回掲載した拡大画像はすべてオリジナルデータなので、LUMIX DMC-G2の実力をじっくり見定めてほしい。

パナソニック
LUMIX DMC-G2
実売価格:6万8000円前後(本体のみ)
発売予定日:2010年4月28日
有効画素数 約1210万画素
記録メディア SDカード(SDHC、SDXC対応)
液晶 3.0型広視野角TFTタッチパネル液晶(46万ドット)
最高ISO感度 6400
●撮像素子:4/3型Live MOSセンサー●最大記録画素数:4000×3000●連写:最大約3.2コマ/秒●動画:1280×720(30fps)●バッテリー:専用充電池(DMW-BLB13)●サイズ:幅12.4×高さ8.36×奥行き4.27cm●重さ:371g(本体のみ)

●撮影モード:絞り優先●絞り:F5.0●シャッター速度:1/60秒●ISO感度:125●焦点距離:22.0mm(35mm判換算:約44.0mm)(画像クリックで拡大)