過酷な状況下での使用に本領を発揮する、タフなコンパクトデジカメ。そのボディーは、水深6mで約2時間使用できる防水性能に加え、1.2mからの落下に耐える耐衝撃性能、マイナス10度の環境で動作する耐寒性能も備えている。日常の使用からアウトドアなどに最適な1台だ。本体カラーには、ブラックとピスタチオグリーンがある。

 撮像素子は約1210万画素の1/2.3型CCDで、光学5倍のレンズは35mm判換算で約28~140mm相当をカバー。液晶モニターは23万ドットの2.7型ワイド液晶が採用されている。

 撮影はオートメーンになるが、多彩な撮影モードの中には「マーメイド」「サーフ&スノー」など、アウトドア向けに設計された本機ならではのものも。また、コンパクトデジカメとしては初めて搭載された「デジタル顕微鏡」モードでは、3つのLED照明を生かした鮮明なマクロ撮影が可能だ。魚の写真を魚拓のように加工できる「魚拓フィルター」も、釣り人には楽しい機能と言えるだろう。

 画質は、やや鮮やかな印象。風景などのディテールは少しノッペリしているものの、このクラスのカメラにしては十分解像している。ノイズに関しては、ISO800まで常用可能。ISO800は少しモヤッとするが、カラーノイズは目立たない。シーンによってはISO1600でも使用可能だ。

 今回掲載した拡大画像はすべてオリジナルデータなので、Optio W90の実力をじっくり見定めてほしい。

ペンタックス
Optio W90
実売価格:3万2000円前後
発売予定日:2010年4月22日
有効画素数 約1210万画素
光学ズーム 5倍
記録メディア SDカード(SDHC対応)
液晶 2.7型ワイド 約23万ドットLCD、ARコート(カバーガラスのみ)
最高ISO感度 6400
●撮像素子:1/2.3型CCD●最大記録画素数:4000×3000●レンズ焦点距離(35mm判換算):28~140mm●開放絞り値:F3.5(W)~F5.5(T)●最短撮影距離:約1cm●動画:1280×720●内蔵メモリー:約26.7MB●バッテリー:専用充電池(D-LI 88)●サイズ:幅10.75×高さ5.9×奥行き2.5cm●重さ:144g(本体のみ)

●撮影モード:標準●絞り:F4.2●シャッター速度:1/50秒●ISO感度:200●焦点距離:5.0mm(35mm判換算:約28.0mm)(画像クリックで拡大)

●撮影モード:標準●絞り:F3.5●シャッター速度:1/125秒●ISO感度:100●焦点距離:5.0mm(35mm判換算:約28.0mm)(画像クリックで拡大)