このところブラウザ関連の話題から目が離せない。前回紹介した次期Google Chromeものその1つだが、実はそれを上回る興味対象が出てきた。次期Internet Exploreである「IE9」だ。マイクロソフトでは、米国時間5月5日、開発者向けに最新のIE9プラットフォームプレビュー版(以下、IE9プレビュー版)を公開した。このIE9プレビュー版、「進む」「戻る」ボタン、お気に入り機能、フィッシング対策機能がないなど、正規版からはほど遠いのだが、使ってみるとIE9が目指すブラウザの像が見えてくる。

 なんだIEか……。なんて、頭ごなしに否定しないでほしい。FirefoxやGoogle Chrome、Safari、Opera、Lunascape。さまざまな新興ブラウザが登場しているが、いまだにIEのシェアはダントツだ。もちろん以前に比べると、減少傾向にあるのだが、それでも7割近くを占めている。今後のブラウザ動向を考える意味でも、やはりIE動向は押さえておかなければならないのだ。

 IE9と聞いて、一番気になる点はブラウザとしての“快適さ”ではないだろうか。Windows 7標準のIE8によってだいぶ改善されたが、新興ブラウザがIE8を上回る速度でどんどん速くなっているので、IE8を高速ブラウザと呼ぶことははばかれる。マイクロソフトでも、この点について十分承知しているようで、IE9では大幅なパフォーマンスアップが図られている。

 では、IE8に対してどのくらい快適になったのか? 現行版のIE8や最速ブラウザのGoogle Chromeと比較しながら、IE9のプレビュー版を実力を探ってみたい。

IE9プレビュー版の公式サイト。現状は開発者向けとされているが、アプリケーションをダウンロードすれば、だれでもIE9のプレビュー版を利用できる