博報堂・若者研究の気鋭、原田曜平が新世代のワカモノ民族学(エスノグラフィー)を斬る!

著 者

原田 曜平(はらだ ようへい)

 1977年、東京都生まれ。慶應義塾大学商学部卒業後、博報堂に入社。マーケティング局、博報堂生活総合研究所、研究開発局を経て、現在「博報堂ブランドデザイン若者研究所」リーダー。多摩大学非常勤講師。03年、JAAA懸賞論文・新人部門入選。著書に『近頃の若者はなぜダメなのか?』(光文社新書)、『情報病』(角川書店)、『中国新人類・八○后が日 本経済の救世主になる!』(洋泉社)、『10代のぜんぶ』(ポプラ社)、『黒リッチってなんですか?』(集英社)などがある。なお、博報堂ブランドデザイン若者研究所には、「現場研究員」といわれる高校生・大学生を中心とした若者たちが100名程度在籍。彼らと一緒に若者研究を行い、いろいろな企業と提携し、若者向け商品の広告制作、商品開発、各種マーケティング調査を行っている。「現場研究員」は随時募集中。