グラビアアイドルである麻倉ひばりは、以前、設計事務所で働いていた経験があり、実際に設計を手がけた物件もあるという。イベントには人気アニメキャラクター涼宮ハルヒのコスプレで登場した。

 麻倉は1985年静岡県生まれ。父が設計事務所を経営していて、「幼いころから建築の仕事をする父を見ていました」という。尊敬する父と「同じ仕事がしたい」と思ったことから、建築の専門学校へ進学。二級建築士の資格を取得した。

 アイドルになりたいという夢もあったが両親は反対。「社会人として働いて社会勉強をしてからなら芸能界を目指してもいい」という了承を得て、設計事務所に勤務した。1年間の社会人生活の後、芸能活動の道をスタートさせた。

 「年齢のこともあり、最初からアイドル志望だったわけではないのですが、昨年DVDのお話をいただき、チャンスかと思って出演いたしました。これからも周りへの感謝を忘れず、より一層精進して参りますので、応援していただけるとうれしいです」(麻倉)。

 5月中は都内で行われるイベントに出演。詳細はブログにもアップされている。

二級建築士のほか、福祉住環境コーディネーター3級も取得している(画像クリックで拡大)

(文/小川 たまか=プレスラボ)