ウェルかめ 月~土曜8時15分 NHK総合

自分を貫く理系男子を好演中

ウミガメの町・徳島県美波町出身の主人公・浜本波美(倉科カナ)の成長を描く青春ストーリー。山田勝乃新(大東俊介)と波美は、当初対立していたが、後に引かれ合い学生結婚。そして、波美と勝乃新がとうとう浜本家で同居生活をすることに…。(画像クリックで拡大)

 『ジャンクSPORTS』ではMCを務め、現役アスリートを間近に見てきた大東だが、「自分は役者のアスリートになりたい」と語る。ストイックに芝居を追求する彼の思いは驚くほど深く、確かにアスリートに通じる。「普通の話をしていたのに、いつのまにか芝居の話になっていることがよくあります。芝居に打ち込めば打ち込むほど、納得できるものが増えるので、追求することに楽しみを感じるようになりました」。

 「役者になりたくて、自分でオーディションを受けた」という彼は、純粋培養で演技畑を歩んできた。4月からは男子新体操に挑戦するドラマ『タンブリング』(TBS系)に出演。型にはまらない若手として、今後さらに幅広い層から支持されるに違いない。

(文/高倉 文紀・写真/加藤 康・ヘアメイク/松岡 彰(FACE-T)・衣装協力/PR01.)

日経エンタテインメント!4月号が発売中!

メイン特集は「大人のエンタテインメント」

 映画、音楽、ドラマ、小説などで、ここ数年、大人向けのエンタテインメントが何かと話題です。アカデミー賞効果で興行収入約65億円をあげた『おくりびと』や、幕末にタイムスリップした現代の脳外科医が活躍する『JIN-仁-』、福山雅治主演で注目されたNHK大河『龍馬伝』などの時代劇ドラマ、マイケル・ジャクソンやビートルズといった“レジェンド”アーティスト――。40代を超えて初めてドラマや映画で主演を張る俳優もここ数年急激に増えています。

 かつては、映画・ドラマ・音楽のトレンドセッターは10代20代でしたが、今や、30~50代世代が引っ張るケースが少なくありません。エンタテインメントの送り手も大人をターゲットにした作品を多数制作するようになっています。

 とはいえ、大人世代は自ら情報をなかなか集められないのも事実。今号の大特集「大人のエンタテインメント」では、2010年に大人が“教養”として押さえておきたいおすすめの作品をピックアップ。これ1冊があれば、あなたのエンタライフは一気に広がります。

 詳しくはこちら。購入はこちら