NTTドコモは2010年1月21日、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズのAndroid搭載スマートフォン「Xperia」を4月に発売すると発表した。大きな話題を集めるこの端末だが、日本市場を意識した独自のサービス「ドコモマーケット」や、“2台持ち”や“乗り換え”がしやすい新たな料金プランの提供など、日本のスマートフォン市場開拓に対するNTTドコモの本気さが伝わってくる。

エンタテインメント性に優れたスマートフォン

 Xperiaは、ソニー・エリクソンがグローバル市場に投入する、Googleのモバイルデバイス向けプラットフォーム「Android」を搭載したフルタッチタイプのスマートフォンである(ちなみに海外では、「Xperia X10」という名称)。

 Xperiaの詳細については、本誌のフォトレポートをご覧頂きたいが、NTTドコモの山田隆持社長は、“新感覚エンタテインメント”、“新感覚フォトコミュニケーション”、“ハイスペック”の3点を特徴に挙げている。

 “新感覚エンタテインメント”は、映像や音楽、写真を一元管理できる「Mediascape」や、PCでそれらを管理できる「MediaGO」を、また、“新感覚フォトコミュニケーション”は、mixiなどのSNSやTwitterの履歴を、写真と連動して閲覧できる「Timescape」を指す。そして、“ハイスペック”は文字通り810万画素カメラや4インチフルワイドVGAディスプレイ、そしてCPUにSnapdragon 1GHzを採用するなど性能面の高さを指している。

 アップルのiPhoneのヒットを受け、ビジネスユース中心であったスマートフォンにおいても、エンタテインメント性が重要視されてきている。だがOSなどの影響もあり、iPhoneのバランスの良さに対抗できる機種はなかなか現れなかった。XperiaもAndroidの影響を受けている部分があるものの、これまでのスマートフォンと比べると、ハード・ソフト共に洗練されてきており、コンシューマー向けスマートフォンとしては、大きな存在感を示す可能性を秘めている。

NTTドコモが投入するソニー・エリクソンのスマートフォン「Xperia」。1機種のために発表会を開き、しかもNTTドコモ、ソニー・エリクソン両社の社長が会見に登壇するなど力の入り具合が見て取れる(画像クリックで拡大)

音楽や映像を一元管理できる「Mediascape」や、メールやコミュニティサービスの履歴を写真と連動した「Timescape」など、新感覚のインターフェースを備える(画像クリックで拡大)