今年も終わりですね。大掃除をしながら、部屋からモノ…というより書類や本がどんどん減っていることに気づきました。今年は特にMacとiPhoneを利用して積極的に紙を捨てました。スキャンしてPDFなどデジタル化を進めているから当然といえば当然なんですけど、こうやって改めて私物を整理しなおすと“かつての紙の量(かさ)”に驚かされます。

 今回の大掃除ではiPhoneアプリ「大辞泉」を買ったこともあり、重くドンと幅をとっていた辞書も捨てちゃいました。「大辞泉」は総項目数が約23万6000項目という大型国語辞典。読めない漢字を手書き入力で調べられる、という機能を見たら断然欲しくなり、即買いました。

iPhoneアプリ「大辞泉」(画像クリックで拡大)