フロアは男女別々、エレベーターも別
スポーツウエアのような館内着

 予約の照合などが済めば、シューズロッカーのキーを渡し、かわりに荷物を入れるロッカーのキーとミネラルウォーターを受け取る。水のサービスはほかのカプセルホテルでもあるが、9hの場合は富士山の麓で採取されたバナジウムを多く含む、オリジナルのミネラルウォーター。

 建物は9階建て。1階は受付・サービスカウンターとラウンジ。この階だけは男女兼用。ほかは男性の階と女性の階と完全に別々。エレベーターも別だ。

 男性用ロッカーは9階だ。同じフロアに洗面スペース、シャワーがある。スポーツジムのロッカールームに近い印象。ロッカーは普通のロッカーを上下半分に切ったような高さ。基本的に荷物は1泊分という想定で、容量は大きくない。大きめの仕事カバンと着替えを入れたらちょうどという大きさ。1泊でもキャリーバッグを引っ張っていく人は多いと思うが、その場合は1階入り口にある大きなロッカーを利用。そこでも入りきらない場合は、受付に預けることになる。

 ロッカー内には着替えの館内用ウエアが用意されている。従来のカプセルでおなじみの甚平のようなガウンではなく、背中のえり口の下に小さく「9h」とロゴの入った、スポーツウエアのような黒の上下。これがなかなかカッコよく、伸縮・通気性の良い高機能素材が使用されている。用意されていたのはLサイズだったが、別に棚にはSからXXLまで用意されていて、自由にぴったりサイズを選んで着ることができる。

ロッカーのキー。裏には番号があり、カプセルと共通になっている(画像クリックで拡大)

富士山麓で採取された、バナジウムを多く含むオリジナルのミネラルウォーターを提供。(C)Nacasa & Partners(画像クリックで拡大)

館内の男女の導線は完全に別々。エレベーターもごらんのように男性専用(右)と女性専用(左)で1基ずつ(画像クリックで拡大)

ロッカーのフロア。入口からロッカー、洗面スペース、シャワーブースの順に配置されている。(C)Nacasa & Partners(画像クリックで拡大)

上下2段でロッカーが並ぶ。(C)Nacasa & Partners(画像クリックで拡大)

ロッカー内部。背広をハンガーにかけて吊したら床についたが、シワになるほどではないので問題はない。コートも入れるとちょっと窮屈かもしれない(画像クリックで拡大)

おしゃれでスポーティな館内着。背中側の襟口に9hのロゴがある。(C)Nacasa & Partners(画像クリックで拡大)

ロッカー内に用意された館内着のサイズが合わなかったら、壁面の棚に置かれたものから合うサイズを選べばよい。(C)Nacasa & Partners(画像クリックで拡大)