※この記事は日経エンタテインメント!(1月号)の記事を転載したものです。購入は こちら

あの“美脚”モデルはドイツ生まれの期待の新星

りーざ
1989年7月5日生まれ。ドイツ出身。雑誌『Oggi』などでモデルとして活躍中。『Brilliant Cut~瞬美秀輝~』(TBS系)ではナビゲーターを務める(画像クリックで拡大)

 オフィス街を軽やかにスキップする、美しい脚の女性が目を引くピップフジモト「スリムウォーク レジェ」のCM。出演しているのは、モデルのLIZAだ。かなり高くまで飛び上がっているのでCGを使っているように見えるが、彼女によると、「実際には背中にハーネスを装着して大型クレーンで吊られているんです。最後のシーンでは、車の屋根を本当に飛び越えました。そんな状況でいろいろな表情を作って、かなり貴重な体験でした」と言う。

 13歳のときに雑誌『JJ』の編集者にスカウトされ、モデル活動をスタート。さらに、ドイツ生まれで日本のドイツ系学校に通っていた経歴を生かし、NHK『ドイツ語会話』にパーソナリティーとして出演して脚光を浴びた。現在も『奇跡体験! アンビリバボー』(フジ系)などテレビ番組でもマルチに活躍している。

 強さを秘めた存在感が印象的だが、まだ20歳。「学生のときは、消え入るみたいに静かな女の子でした。今もプライベートではすぐに落ち込むし、内面はすごく弱い」と本人は言うが、インタビューに答える姿は堂々としていてプロ意識を感じさせる発言も多数。「仕事をするときにはスイッチが入るんです」と語る。

ピップフジモト

仕事が終わり、軽やかなスキップで街に飛び出すLIZA。『Brilliant Cut ~瞬美秀輝~』(TBS系)では、番組限定CMが放送中

 クリエイティブな才能への評価が高く、マネジャーによると「番組スタッフさんが彼女のトークや表現を見て、もっといろいろやらせてみたいと思ってくれているようだ」と言う。春からMCに加わった『アナザースカイ』(日テレ系)には、最初ゲストとして出演。そこから表現力が認められてMCに“昇格”した。所属するオスカープロモーションには、米倉涼子、菊川怜らモデルから女優業に進出した先輩が多いが、20歳という若さで、これほどにも幅広く活躍している例は珍しい。

 「新しいお仕事が決まると、もちろんうれしいですけど、まだまだ上を目指したいので単純に喜んではいられないと思っている」と向上心を垣間見せ、演技にも関心があると話す。司会もできる個性派モデルとして、今後さらに活動の幅を広げそうな注目株だ。


(文/高倉 文紀・写真/加藤 康)

日経エンタテインメント!1月号が発売中!

メイン特集は「2009年ヒット総まくり!」

 09年も残すところわずか。今号では、恒例の総力特集「ヒット番付TOP50」を発表しています。セールスや視聴率などの「数字」だけでなく、社会的な影響度や新規性なども加味して、エンタ!編集部が「09年を代表するエンタテインメント」と太鼓判を押す作品や人物をランキングにしました。エンタテインメントは時代を映す鏡。ヒット作を振り返ることで、今の時代が見えてくるのではないかと考えています。

 そして、09年の“顔”として表紙を飾ったのは嵐です。デビュー10周年を迎えた彼ら。近年は、メンバーがドラマや映画などで役者として評価されてきましたが、09年は音楽で大きな実績を残しました。シングル・アルバム・音楽DVDで3冠を制した「嵐サウンド」の秘密に迫りました。

 詳しくはこちら。購入はこちら