(編集部より)この連載コラムの執筆者である放送作家のわぐりたかし氏による、ミシュランガイド総責任者ジャン=リュック・ナレ氏への緊急インタビューが行われたので、その一部始終をここに紹介する。「ナレさん、昨日はパーティーのあと、どこに行ったんですか?」「すきやばし次郎の向かいにある焼鳥屋さん!(銀座にある新一つ星店「バードランド」)」といった和やかな挨拶で始まったインタビューが行われたのは、「ミシュランガイド東京2010」の発売を直前に控え、格付け発表&出版記念パーティーが行われた翌朝のことだった。日本フードジャーナリスト会議の代表も務めるわぐり氏は、2007年にミシュランガイドが日本初上陸を果たす以前からナレ氏と交流があり、ミシュランの日本での活動をウォッチし続け、日経トレンディネットにて独自目線のリポートの数々を送り出してきた。それらの記事はいずれも、ミシュランガイドと、そのブームの本質を突いた点で、他報道と一線を画してきた。今回は、最新の「ミシュランガイド東京2010」を題材に交わされた独占インタビューの模様を伝える。知られざるミシュランの真実がここにある。

インタビューは「ミシュランガイド東京2010」の発売直前に行われた