原宿で最先端ファッションを定点観測するFashionsnap.comが、街角でしかわからない最新トレンドを毎週リポート。

明るい色の超ハイウエストスカートにインナーを黒でまとめた好バランススタイル。ベルトとソックスで色を足しているためシックになりすぎないのがポイントだ。(拡大すると、各アイテムの詳細データも見られます)

 めまぐるしくトレンドが移り変わる女性のボトムス。「サロペット」や「スキニー」などのパンツ類から、プリーツ、ギャザー、バルーン、ロングといったスカート類まで、ブームが短い周期で繰り返される。なかでも毎年混戦を極めるスカートでは、今年から先端層が密かに着始めている「超ハイウエストスカート」に注目したい。

 パンツのトレンドは、ヒップハンガーなど“ローウエスト”が圧倒的に主流。ハイウエストの一時的な盛り上がりはあるものの、逆転はしないだろうという意見が大勢を占めている。これはトップスの“ミニ化”“ボリューム増”“着丈短”といったトレンドにより、これまでのハイウエストでは合わせづらいことが大きい。

 スカートも同様で、ローライズが主流。デニムスカートやミニスカートといったカジュアルなスカートに多く見られ、夏仕様という見方もできる。

 しかし、今回の超ハイウエストスカートは、トップスを出して着るのが定番のローライズスカートとは違い、トップスをスカートに“イン”するのが王道だ。

 ウエストにあたるところが比較的ゆったりと作られているため、ボリュームのあるニットやカットソーなどもすんなりと収まる。また、トップスをスカートに入れることでウエストの位置が高く見え、バランスがとりやすくなることも大きい。