PCボンバー店長の今井浩和氏。低価格で最新デジタル機器が借りられる「レンタルボンバー」を企画・運営するなど、常に「激安」を提供するアイデアマンだ

 秋葉原に店舗を構える「PCボンバー」は、価格情報サイトの上位に名を連ねる激安価格が売りのショップだ。厳選した人気商品を取りそろえるだけでなく、競合ショップの価格を頻繁にチェックし、最安値を目指すために1日に何回も価格を変更することも珍しくない。それほど価格の安さにこだわりを持つショップなのだ。

 前回掲載した「レノボ・ジャパン『Lenovo G550』、3万円台で新品A4ノートが買える!」では、店長の今井浩和氏にデジタル機器のお薦め商品を伺ったが、今回は生活家電にフォーカスを当てた。店長みずから性能と価格で太鼓判を押すお薦め商品とは、いったい何なのだろうか?

1万円の電動歯ブラシで、歯だけでなく全身も健康に!

 家電で断然お薦めなのが、電動歯ブラシですね。家電やデジタル機器がお好きでも、電動歯ブラシはまだお持ちでない方が意外と多いと思います。でも、一度使ってみれば、「どうして今まで買わなかったんだろう?」と感じるほど便利です。

 当店のイチ押しは、パナソニックの「ドルツイオン EW-DE40」です。特徴は、イオンの力で磨く力をパワーアップしていることですね。磨いている最中に、ブラシからイオンが大量に放出されて、歯垢を落としやすくするそうです。シェーバーで定評のあるリニアモーターでブラシが細かく動くので、余計な力をかけずにしっかり磨けるのも見逃せません。

パナソニックの電動歯ブラシ「ドルツイオン EW-DE40」。ブラッシング中にイオンを放出し、口内の歯垢を効果的に落としやすくする機能を持つ。内部に充電池を内蔵しているが本体は軽量で、充電台自体もとてもコンパクトな仕上がりだ(画像クリックで拡大)

 私も、現在会社でこの製品を使用しています。最初のうちはくすぐったいのですが、ある程度慣れてくれば大丈夫でしょう。磨いたあとに舌の先で歯の感触を確かめてみると、手で磨くのとはツルツル感がまるで違うのに驚きますよ。当店の価格は1万280円で、最安価格帯を維持していることもあり、コンスタントに売れ続けています。

 自宅では、フィリップスの「ソニッケアー」シリーズを使っています。こちらは、パナソニック製品と比べて磨く力が強い印象ですね。

 各社とも、そこそこの性能の製品を買うと1万円以上するので、普通の歯ブラシと単純に比較すると確かに高価です。しかし、虫歯になって歯医者へ治療にかかる時間とお金、強烈な痛さを省けることを考えれば、よい製品を購入して損はないでしょう。口内の健康状態が、歯だけではなく全身に影響を及ぼすともいわれています。特に、タバコが好きな方や、歯肉炎で悩んでいる方には断然お薦めです。