PCボンバー店長の今井浩和氏。低価格で最新デジタル機器が借りられる「レンタルボンバー」を企画・運営するなど、常に「激安」を提供するアイデアマンだ

 秋葉原に店舗を構える「PCボンバー」は、価格情報サイトの上位に名を連ねる激安価格が売りのショップだ。厳選した人気商品を取りそろえるだけでなく、競合ショップの価格を頻繁にチェックし、最安値を目指すために1日に何回も価格を変更することも珍しくない。それほど価格の安さにこだわりを持つショップなのだ。

 今回は、店長の今井浩和氏に話を伺い、店長みずから性能と価格で太鼓判を押すお薦め商品を挙げてもらった。

3000円前後でWindows 7が入手できるVistaモデルがお買い得!

 Windows 7の発売日が発表された夏あたりから、「Windows 7モデル待ちでパソコンの買い控えが起きている」という話を耳にします。しかし、私どもの店ではそのような傾向はありませんね。

 大手メーカーの場合、Windows Vistaを搭載したパソコンを購入すれば、メーカーが提供するWindows 7のアップグレードパッケージが有償で入手できます。有償といっても3000円前後なので、普通にパッケージ版のOSを購入するより断然安いですよ。

 Windows 7モデルが登場すれば、今よりもパソコンの価格が上がるのは間違いありません。現行のVistaモデルとアップグレードパッケージを入手する方が安上がりでしょう。

 当店では、7万~8万円台で購入できるモデルが一番人気です。なかでも当店がお薦めしているのが、NECの「LaVie L LL730/TG」や東芝の「dynabook TX/66J」です。手ごろな価格ながら、デュアルコアCPUや美しい16型ワイド液晶ディスプレイを備えていて、Windows 7でも快適に使えます。オフィスが付属しているのも見逃せません。

NECのA4ノートPC「LaVie L LL730/TG」。デュアルコアCPUと記録型BDドライブを搭載するのが特徴だ(画像クリックで拡大)


東芝の「dynabook TX TX/66J」。16型ワイド液晶と4GBの大容量メモリーを搭載しながら低価格に抑えた(画像クリックで拡大)