ユーザー視点の辛口評価で好評の戸田覚氏による連載。今回は5万円台から購入できるデルの格安ノートを評価する。同じ価格帯のネットブックと比較しながらその使い勝手を探ってみた。では購入するならどちらなのか――戸田氏が出した結論とは?

 ネットブックが相変わらずよく売れている。パソコンショップの店頭でもネットブックのコーナーがにぎわいを見せており、人気が継続していることが伺える。

 ところが最近は、予算5万円台でパソコンを買おうと考えたときの選択肢がずいぶんと広がってきている。ネットブックを衝動買いするのも悪くはないが、冷静に考えてフルサイズのA4ノートを買うのも一考に値するはずだ。今回は、5万円台から購入できるデルのInspiron 15をレビューしていく。

 残念ながら、借りられたモデルは最廉価機ではなく、CPUがCore 2 Duo P8600を搭載し、メモリーが2GBでHDDが320GBとなっている。本記事執筆時点では、デルのウェブをチェックしても、ズバリそのもののスペックがない。

 割引パッケージは数種類用意されており、一例を紹介しよう(記事執筆時点)。なんとも、すごい安さである。

○5万4980円
CPU:Celeron 575
メモリー:2GB
HDD:250GB

今回レビューするInspiron 15は、デルのA4ノートの中でも最廉価クラス。お買い得な割引パッケージを見逃さないように。(画像クリックで拡大)

○8万4980円
CPU:Core 2 Duo P8600
メモリー:4GB
HDD:320GB
Microsoft Office付き

共通部分
液晶:15.6型ワイド(1366×768ドット)
OS:Windows Vista Home Premium
無線LAN:11n対応

天板は美しい仕上げで、メッキのロゴが光る(画像クリックで拡大)

かなりワイドなボディーなのは、16対9の液晶を採用しているからだ(画像クリックで拡大)