半年に及んだクールジャパンをめぐる旅は、今回でひとまず終了。ラストを飾るのは、特別企画!カナダ出身のアニメソング(=通称アニソン)歌手HIMEKAの独占インタビューです。

 以前、このコーナーで紹介したアニマックスの社長から「カナダから来てアニソン歌手としてデビューする子がいる」というウワサを聞いたのは昨年暮れのこと。なんでも日本のアニメに魅了され、アニソンで日本語を学び、ついにはワーキングホリデーを利用して来日。そこでアニソンコンテストに応募したら見事グランプリを獲得してしまったという、まさに逆輸入的シンデレラガール!これぞクールジャパンの申し子!!

 2009年5月27日、スキマスイッチの常田真太郎プロデュースによる『明日へのキズナ』(アニメ『戦場のヴァルキュリア』主題歌)でソニー・ミュージックジャパン インターナショナルより念願の歌手デビューを果たす。その準備に忙しいHIMEKAさんを訪ね、アニソン歌手への道のりを聞いた。

ヒメカ

本名:カトリーヌ・セント・オンジュ
2009年5月27日に『戦場のヴァルキュリア』オープニングテーマ曲収録の『HIMEKA/明日へのキズナ』でデビュー。

(画像クリックで拡大)

フランス語放送で日本のアニメに出会う!

 子どものころから歌うことが大好きでした。ディズニー映画が大好きで、その歌を歌っていました。でもずっと人前で歌うのは苦手で……。自分の部屋でこっそり歌っていたんです。一緒に住んでいる父でさえ、私の歌声を聴いたことはなかったと思います。

 幼いころから、テレビで日本のアニメをよく見ていました。カナダのケベック州なのでフランス語の吹き替え版でしたけれど。

 15歳のとき、『セーラームーン』に出会ったことはよく覚えています。それをきっかけに、日本のアニメを探すようになって、アニソンもどんどん好きになりました。身近にアニソンが好きな人はいなかったけれど、インターネットやイベントでカナダやアメリカのアニメ好きの友だちをつくりました。日本語の歌詞の意味が知りたくて辞書を引くようになったのもこのころからです。

 それから、これを話すのはちょっと恥ずかしいですけれど……10代のころ、自分でも物語をつくっていました。強くて、やさしくて、人を守ることができる女の子のキャラクターに「HIMEKA」という名をつけて、自分のなかで大事に育てていった。それが私の芸名の由来なんです。