今週のターゲットはBDレコーダー。DVDレコーダーに比べて高価なアイテムだが、昨年末に登場した最新モデルから平均価格が大きく下がり、下は10万円を切る価格のモデルが複数選べる状況となっている。しかし、ヤマダ電機 LABI池袋店の売れ筋ランキングは、15万円前後の中上位モデルが多くを占めていた。その詳細は以下のとおりだ。

●売れ筋BDレコーダーランキング
1位 BDZ-X95 ソニー 15万1800円(ポイント26%)
 高画質回路や高音質設計に定評のある500GB HDD内蔵モデル。HD画質最長録画は約245時間となる。サイズはW430×D334×H95mmで、ブラビアリンクに対応する。
2位 DIGA DMR-BW850 パナソニック 14万8000円(ポイント21%)
 500GB HDDに最長約252時間のフルハイビジョン録画が可能なレコーダーで、アクトビラやYouTubeの視聴にも対応する。サイズはW430×D249×H59mmで、ビエラリンクに対応。
3位 DIGA DMR-BW750 パナソニック 12万8000円(ポイント25%)
 DIGA DMR-BW850の下位モデルで、主な違いはHDD容量のみ。320GB HDDを内蔵し、HD画質の最長録画時間は約160時間となる。サイズもW430×D249×H59mmと同じ。
4位 BDZ-L95 ソニー 13万6200円(ポイント26%)
 外部機器からの映像入力が手軽にできるモデル。500GB HDDにHD映像が最長約245時間保存可能。サイズはW430×D333×H79.8mmで、ブラビアリンクに対応する。
5位 AQUOSブルーレイ BD-HDW32 シャープ 12万8000円(ポイント15%)
 320GB HDDを内蔵し、HD画質で最長約195時間録画できるモデル。AQUOSファミリンクに対応するほか、AQUOSを利用した2番組録画も可能。サイズはW430×D343×H95mm。
次点 REALブルーレイ DVR-BZ110 三菱電機 8万3700円(ポイント26%)
 録画データの編集機能に優れた250GB HDDモデル。HD画質で約112時間録画が可能なほか、DVDへもHD画質でで書き込める。サイズはW430×D361×H77mmで、REALINKに対応。

 昨年12月5月1月の調査と同じく、ソニーとパナソニック、シャープの3大メーカーが上位に並んだが、新興の三菱電機製「REALブルーレイ」も6~8位の次点圏内に入っている。また、HDD容量でみると500GBが主力となっており、現行最大の1TB(=1024GB)モデルの名はランキング上位に挙がらなかった。

 次のページから、その理由と各人気モデルが売れる理由をみていこう。

ヤマダ電機 LABI池袋店 2階にあるBDレコーダーコーナー。主力モデルはテレビと接続されており、特徴の機能が確認しやすいようにディスプレイされている(画像クリックで拡大)

※なお、写真や文章で掲載している価格とポイントは、2009年3月26日11:00時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。