先週から始まった「男のダイエット戦記」第2期。挑戦者の5人は思い思いのダイエットを実践しているようだ。今期は5人の奮闘ぶりをリポートすると同時に、40~50代のビジネスパーソンのためのダイエット法も探っていく。今回は、通勤途中に簡単にできる“一駅ウォーキング”とそれを楽しくする“ユニーク歩数計”に注目。

(文/前田和之=AGITO)

★★★gooからだログ「男のダイエット戦記」コミュニティも、挑戦者増加中!★★★
あなたもコミュニティの一員として、5人の挑戦者をペースメーカーにして180人を超える参加者とともにメタボ脱出を目指しましょう!

忙しくても簡単にできる「一駅ウォーキング」活用法

 第1期からこの記事を読んでいる方は、モニターとしてダイエットに挑戦したイチローさんのダイエット方法を覚えているだろうか。彼が実践していたのは「朝バナナダイエット」と「一駅ウォーキング」。朝バナナダイエットについては、すでに実践されている方も多いのではないだろうか。

 そこで、今回オススメするのは、「一駅ウォーキング」。簡単に説明すると、自宅から電車を使って会社に行く場合、最寄り駅の一駅先の駅から電車に乗るか、目的地の最寄り駅の一つ手前で降りて、一駅分を歩くというもの。会社から自宅に帰る場合も同様だ。多少出発時間を早めないといけないが、わざわざ身支度を整えてウォーキングするわけではなく、手軽にできるので、最近実践する人が増えている。

 もちろん一駅分の距離が長い場合は難しいこともあるが、都市部などは意外と一駅分は近いもの。実は、私も密かに実践しているのだが、朝晩のちょうどよい運動として、毎日苦もなく続いている。

 そんな一駅ウォーキングだが、ただ歩くだけではつまらない……という人もいるだろう。イチローさんは、街並みや街行く人たちを観察しながら楽しんで歩いていたというが、駅から目的地まで、何もないところだってたくさんある。そこで、今回は一駅ウォーキングを楽しくなる“ユニーク歩数計”を紹介する。