原宿で最先端ファッションを定点観測するFashionsnap.comが、街角でしかわからない最新トレンドを毎週リポート。

Gジャン+ジーンズの組み合わせは先端層では今年春前から流行っているコーディネート。Iラインでまとめるにはとにかく細いシルエットのものを選ぶことがポイント(拡大すると、各アイテムの詳細データも見られます)

 “メンズシューズはローヒール”なんて考えは、もう昔のこと。原宿のストリートでは、ヒールシューズを履いた男性が急増している。フェミニンスタイルを好む美容師系を中心に広がり、メンズファッションに大革命を起こしている。

 ヒールシューズというと、レディースシューズの象徴ともいえるアイテム。ただ、過去には70年代のヒッピーブームでメンズにも厚底シューズが流行。ユニセックスなアイテムとして広がったが、ブームの終焉とともに“女性のもの”というイメージに舞い戻ってしまった。それからしばらくヒールシューズの台頭は見られなかったが、今年の春頃からじわりじわりと浸透。海外有名ブランドからもリリースされ、メンズシューズの新しい選択肢となるか、これからの動向が気になるところだ。

 メンズのヒールシューズは、女性用とは異なるいくつかのポイントがある。最も特徴的なのがヒールの形。最近でこそ少なくなってきたが、レディースシューズのヒールといえばピンヒールが一般的。それに比べ、メンズシューズは極太のブロックヒールもしくはウエッジソールと、地面との接触面積の多いものが主流だ。機能的に安定感があり、歩いても疲れにくいことが鉄則のようで、ピンヒールよりもこういったヒールのほうが男性には実用的で外見もいい。

 また、スニーカーやビジネスシューズなど、これまで男性が履いてきた定番シューズにヒールを加えたところもポイント。デザインが男性向けにシフトされたことによって、男性が抵抗を感じにくくなったともいえる。