熱血バイヤー・細川茂樹が“いの一番”にやってきたのは、細川が「大好き」と公言してはばからないコナミの「メタルギア・ソリッド4」ブースだ。

熱血バイヤー・細川茂樹が最初に選んだ訪問場所は、やはりコナミの「メタルギア・ソリッド4」ブースであった(画像クリックで拡大)

ネットで協力してミッションを遂行できる本作ならではの機能に、「プレーヤー同士がコミュニケーションできるというのがいいよね」と語る熱血バイヤー。後ろのディスプレイを見てボソッと「NECだね」……。さすが熱血バイヤー、目の付けどころがシャープですね!(だからNECなんだけど)(画像クリックで拡大)

 「メタルギアシリーズ」の第3作目となる「メタルギア・ソリッド(MGS)」からの大ファンという熱血バイヤー。登場時の衝撃は凄かったようだ。

 「ものづくりでは自動車とか世界に誇れるものがあったけど、ゲームが来たか、と思ったね。リアリティーがあって、圧倒的にきれい。映画とかドラマに出ている人間からすると、これをやられちゃうとどうなっていくのか不安になるほどだよ」

 だが、2008年6月に発売されたメタルギア・ソリッド4(MGS4)も、「ソフトはもらったんだけど、まだPS3を買っていないんだ」と身もふたもない発言で周囲をいきなり唖然とさせる熱血バイヤー。それだけ好きなら、早く買わなきゃだめですよ~細川さん!

 そうこうしているうちに、メタルギアシリーズの小島秀夫監督が登場。メタルギアファンである細川としばし歓談となった。

メタルギアシリーズの小島秀夫監督が登場! 細川とどのようなトークを繰り広げるのだろうか……!?(画像クリックで拡大)